History

ストライプ、それは楽しさの象徴。
《LONA》は、フランスの西海岸リゾート地“オロンヌ”を、製品の源流としています。
もともとこの地方では、風や夏の陽射し、冬の雨や嵐を避けるためのテント用に、あるいはボートの帆、ビーチや庭用の折りたたみ椅子などに使われる、強じんな綿のキャンバス生地が生産されていました。

この生地が永い間にわたって人々を魅了してきた理由は、その強じんさだけでなく、複数の横糸によって織られることで生まれる、カラフルで美しいストライプ柄にもありました。
夏のリゾートシーズンになると、オロンヌ周辺のビーチは明るいストライプ柄の陽よけやテントでいっぱいになり、誰もが子供の頃から、そのストライプ・カラーを楽しい日々の象徴として愛してきたのです。

その魅力はやがて、リッチでおしゃれな海浜リゾートスタイルの潮流として、ポルトガルの北海岸リゾート地へと移行。そうしたライフアイテムを生産する拠点となったのが、ポルトガルの『祈りの町』としてローマ時代からの永い伝統を誇る宗教都市“ブラガ”でした。

ブラガからいまや世界のリゾーターへと送り出される“楽しさの象徴=ストライプ・キャンバス”。その名称こそが、英語のキャンバス素材を意味するポルトガル語のLonaをそのままブランド名に冠した《LONA》です。
LONA
「ロナ」それは楽しさを広げる、美しいストライプ。
ストライプ、それは楽しさの象徴。
伝統の技術を、現代感覚で再現する。